教育ICTデザイン×ブログ


「改訂版タキソノミー」 を知るための書籍と国内事例

改訂版タキソノミー 関連書籍(NE&M選書)
改訂版タキソノミー 関連書籍(NE&M選書)

2000年に発表された、「改訂版タキソノミー 」(Anderson, Krathwohl)

 

新学習指導要領の審議中に取り上げられたこともあり、近年国内でも注目され始めています。

その理解の助けとなる書籍と

国内での教育実践事例を紹介します。

 

 

左:A Taxonomy for learning, teaching, and assessing.(A Revision of Bloom's Taxonomy of educational objectives.)  Anderson, Krathwohl 2000/12 ※原著です

Bloomのタキソノミー (教育目標分類学)を批判的に捉え直し、授業実践と評価について踏み込んだ提案がなされています。

この中で示された「The Taxonomy Table(タキソノミー ・テーブル)」は、6段階の認知過程次元や4つの知識次元で構成された2次元マトリクス図です。認知過程を発展させるための方略と評価に関する検討を助け、単元の流れを視覚的に表現できる、非常に優れたフレームワークとして活用できます。

 

右:目標に準拠した評価の考え方と実際(教育フォーラム28) 責任編集 梶田叡一 2002/3

  特別論文「アンダーソンとクラスウォールの新しいタキソノミー 」有本昌弘

  ※左の原著は全て英文です。読解が難しい場合には、こちらの論説で概要を掴むことができます。

 

改訂版タキソノミーの優れた点は「学習者の動詞(姿)」を指標としながら、高次元の認知スキルの獲得を促す部分と、その中で「メタ認知」についても明示し、それらを評価に用いようとデザインしている部分でしょう。

Bloomのそれとは、目指すものが違うため、識別した上での理解や活用が大切です。

※Bloomのタキソノミー は、試験問題の分類を目的とした指標です。学習者主体の授業実践の検討は「改訂版タキソノミー 」の考え方が重要です。

学習者中心のICT活用が発展してきた近年では、Digital Taxsonomy として、デジタルデバイスや情報通信技術を活用した場合の「学習者の動詞(姿)」が整理・提案され、単元を設計したり評価する(主に形成的評価)する素材の一つとして利用されています。

(参考文献) 

 

・Bloom's Digital Taxonomy  2008 Andrew Churches

 

なお、改訂版タキソノミー (その後に提案されている、Digital Taxonomy 含む)を援用し、実践的研究を重ねた国内の事例は次の通りです。

 

墨田区立桜堤中学校

 ・平成30年度・令和元年度研究紀要

 ・学習指導案

 ・タキソノミー・テーブル(9教科、22の実践)

 ・講演会資料(講師:田中康平)

 

行橋市立長峡中学校

 ・平成28年度・29年度研究紀要

 ・中学校での授業改善における学習目標の検討とICT活用(JAET2017実践研究論文) 

 

修道中学校・修道高等学校

 ・2019年研究発授業表会

 ・Digital Taxonomy を用いた単元設計のための教員研修(JAET2018実践研究論文)

 

書籍による基礎的な理解の上で、各学校の実践を見ていただくと、より深い理解と共に、実践の具体的なヒントが得られるのではないでしょうか。

 

少々難解に感じる部分もあると思いますが、何年も実践研究を継続するに値する内容です。

新学習指導要領の実現とGIGAスクール構想時代の単元設計と評価を助けるための考え方を形成する。その一助となる有用な教育学的概念だと確信しています。

 

 

続きを読む 0 コメント

2019年度 経済産業省「未来の教室」実証事業。教育コーチに就任しました。(2年目継続)

2018年度より経済産業省(教育産業室)が実施している「"未来の教室"実証事業」。
「一人ひとりが未来を創る当事者(チェンジ・メーカー)になることが求められる時代」を見据え

・求められる能力観(創造的な課題発見・解決力)の変化

・新しい教育を可能にする技術(EdTech)の登場
などを踏まえた「未来の教室」の構築に向けた提言や様々な教育現場等での実証が進められています。

 

2019年度の「"未来の教室"実証事業」は、「①学びのSTEAM化、②学びの自立化・個別最適化、③新しい学習基盤づくり」という3つの柱に、9つの課題とアクションを含む第2次提言が示され、これを具現化すべく、モデル校での実証事業等が予定されています。

各モデル校には「教育コーチ」という人材が配置されます。

教育コーチは、専門的知見を元に「カリキュラム・マネジメント」「EdTechを用いて個別最適化された授業デザイン」「STEAM教育の授業デザイン」「学習者のアセスメントにつなげる評価」などの助言を行いながら、事業者(EdTech企業等)・学校・教育委員会などの関係者間の意思疎通や実証事業の進行を支援します。

 

昨年度に引き続き、弊社代表の田中康平が教育コーチに就任いたしました。

担当するモデル校「千代田区立麹町中学校」における、AI教材を活用した数学・英語の個別最適化および、教科横断型のSTEAM教育の実証を支援することとなります。

数学の個別最適化とSTEAMワークショップでの成果に加え、新たな試みが有意義なものとなるように取り組ませていただきます。

教育用クラウド?学習履歴? 複雑化しそうな時こそシンプルに。〜情報セキュリティの原則に立ち返る〜

情報セキュリティの三大要件
情報セキュリティの三大要件

国(総務省や文部科学省)から、教育クラウドや学習履歴の活用のメリットや、整備の課題などについて相次いで資料が公表されました。

整備を進める教育委員会では、検討すべき部分が多様化し、どこから手をつけてよいのか頭を抱えてしまいそうな事態に陥りそうですが、

情報セキュリティの観点から考えた時に、最も注意すべきなのは

「利用者の理解・意識の向上、利用実態の把握」

ではないかと思います。

クラウドという雲の上も大切ですが、

現場で行われている"日々の利用という足元"の方が、実は大切ではないですか?

改めて「情報セキュリティの三大要件」など、シンプルな原則に立ち返ってみましょう。

という記事です。

各種の参考情報へのリンクも貼っていますので、資料集的にもご活用ください。

 

続きを読む

【学びやすい>教えやすい】12のポイント第1章〜脱”記憶型”単元計画 〜

学びやすい>教えやすい,NEL&M,
学びやすい>教えやすい,NEL&M,
続きを読む

記憶〜応用〜創造に向かう「発問」例

タキソノミー と発問
創造的な学びに向かうための「発問」例

昨年、Digital Taxonomy Verbs(タキソノミー 改訂版×デジタルツールを活用した場合の学習者の動詞) と、ICT機器やソフトについて整理した

「TVI検討シート」

を作成しました。

多くの方に閲覧していただき、また、ダウンロードもしていただいたようです。

「動詞で捉えることで、整理がしやすい」

「職員室に貼っているよ」

「先生に配布したよ」

というお声もいただくようになりました。

ありがとうございます。

 

今回、創造的な学びに向かう「発問」例を作成しました。

こちらも合わせてご活用いただくと、さらに具体的な実践に役立つのではと考えています。

(記事の最後にPDFのダウンロードも用意しています。)

続きを読む 0 コメント

"学びやすい"ICT環境整備の実現へ。

続きを読む

「教育情報化コーディネータ1級が提案する、新時代の教育とICT。」〜EDIX関西でのリコーブースセミナーより〜

続きを読む

【学習目標分類(T)×学習活動の動詞(V)×ICT活用・環境】検討シート〜日本の学校における教育の情報化で不足していること(3)〜

TVI検討シート(学習目標分類×学習活動の動詞×ICT活用・環境の検討用)
TVI検討シート(学習目標分類×学習活動の動詞×ICT活用・環境の検討用)
続きを読む

教育情報化コーディネータ(ITCE)1級に認定されました。

弊社代表取締役の田中康平が、教育情報化コーディネータ(ITCE)1級に認定されました。

https://jnk4.info/itce/goukaku_q1.html

これまでの経験や知識をもとに、学校現場等のより良い教育の情報化に貢献できるよう取り組ませていただきます。

ーーーーー

【ICTE 1級認定の基準となる能力】

教育情報化コーディネータに規定する役割に関する豊富な経験をもち、初等中等教育あるいは高等教育の情報化に関する長期的な計画を設計・助言できること。

知識だけでなく、実際に運用上の問題を解決でき、若い教育情報化コーディネータの指導者としての力量をもつ指導者レベルであること。※ITCE公式サイトより
ーーーーー