【GIGAスクール構想への対応支援について】

 

「GIGAスクール構想」に関連し、教育委員会の施策立案等のアドバイザー業務について、以下の通り対応させていただきます。

【支援対象】

GIGAスクール構想に参画する教育委員会

【支援内容】

 

・新学習指導要領に対応した1人1台を活用した学習デザイン研修、研究指定校の助言

・探究×ICTに関する単元設計の支援(総合的な探究の時間等)

・教育情報セキュリティーポリシー改定に関する支援

【支援方法】

・面会またはWebミーティングによる対話型支援

・各種資料作成の支援(雛形、叩き台資料等はご準備ください)

【費用】

対応内容、期間等よりご提示させていただきます。

新着情報


書籍出版のお知らせ【学校の大問題】著:石川一郎

学校の大問題〜これからの「教育リスク」を考える〜

 

新型コロナウイルスへに代表される、未知なる課題への対応によって表出した学校教育における事象から、

これからの「教育リスク」について整理し、その解決策を提案。

全編にわたり「ブルームのタキソノミー (タキソノミー ・改訂版)(デジタル・タキソノミー )」の視点が貫かれ、記憶する・理解する、という日本の学校で重視されてきた学習観を、より高いレベルに発展するための方法や例などが紹介されています。

 

第6章「ICTと学校をつなぐためには」では、著者の石川一郎先生と、弊社代表の田中康平の対談内容が記されています。

 

1人1台の学習者用PCを活用した学びを豊かにするために、また学校に限らず家庭を含めた子供とICTの関わりを考えるために、大いに役立つ内容です。

教育関係者、保護者、企業関係者など、様々な立場の方に読んでいただきたい一冊です。

 

学校の大問題〜これからの「教育リスク」を考える〜

章立て〜

 

第1章 コロナ禍で露呈した自律できない学校の問題
第2章 未来の教育を予感させる学校――休校対応の差から考える
第3章 入試問題の変化と学習評価の構造――ブルームタキソノミーと評価
第4章 探究と評価の折り合いをつけるマインドとは 対談 矢萩邦彦
第5章 学校における探究型の学びとPBL――ブルームタキソノミーの活用
第6章 ICTと学校をつなぐためには 対談 田中康平
第7章 いかにICTリテラシーを身につけるか ブルーム・タキソノミーの新解釈
終章 これからの教育でおさえておくべきこと

0 コメント

GIGAスクール構想におけるロジックツリー例

GIGAスクール構想ロジックツリー例
GIGAスクール構想ロジックツリー例
続きを読む

今こそ、多様な「学習」と「評価」の検討を

デジタル・タキソノミー・テーブル 学習目標×学習者の動詞×道具・手立て(ICT)
デジタル・タキソノミー・テーブル 学習目標×学習者の動詞×道具・手立て(ICT)
続きを読む

教育ICTデザイン

コンサルティング

・教育クラウド

・学習者用端末

・教育ネットワーク(教委/学校)

・教育情報セキュリティ対策

・セキュリティ内部監査

・教室内のICT環境デザイン

・教育ICT企業等の人財育成

 (ITCE/ICT支援員)

ICT活用研修

カリキュラム開発

・ICT活用研修

 学習デザイン

 評価、ICT活用

・教育情報セキュリティ研修

・情報活用能力育成カリキュラム開発(小学校・中学校)

・幼保「ICTたいむ」カリキュラム開発

各種実績

・国等の実証事業

・ICT環境整備

・教育情報セキュリティ内部監査

・教育ICT企業等の人財育成

・ICT活用研修

・講演

・書籍執筆