「改訂版タキソノミー」 を知るための書籍と国内事例

改訂版タキソノミー 関連書籍(NE&M選書)
改訂版タキソノミー 関連書籍(NE&M選書)

2000年に発表された、「改訂版タキソノミー 」(Anderson, Krathwohl)

 

新学習指導要領の審議中に取り上げられたこともあり、近年国内でも注目され始めています。

その理解の助けとなる書籍と

国内での教育実践事例を紹介します。

 

 

左:A Taxonomy for learning, teaching, and assessing.(A Revision of Bloom's Taxonomy of educational objectives.)  Anderson, Krathwohl 2000/12 ※原著です

Bloomのタキソノミー (教育目標分類学)を批判的に捉え直し、授業実践と評価について踏み込んだ提案がなされています。

この中で示された「The Taxonomy Table(タキソノミー ・テーブル)」は、6段階の認知過程次元や4つの知識次元で構成された2次元マトリクス図です。認知過程を発展させるための方略と評価に関する検討を助け、単元の流れを視覚的に表現できる、非常に優れたフレームワークとして活用できます。

 

右:目標に準拠した評価の考え方と実際(教育フォーラム28) 責任編集 梶田叡一 2002/3

  特別論文「アンダーソンとクラスウォールの新しいタキソノミー 」有本昌弘

  ※左の原著は全て英文です。読解が難しい場合には、こちらの論説で概要を掴むことができます。

 

改訂版タキソノミーの優れた点は「学習者の動詞(姿)」を指標としながら、高次元の認知スキルの獲得を促す部分と、その中で「メタ認知」についても明示し、それらを評価に用いようとデザインしている部分でしょう。

Bloomのそれとは、目指すものが違うため、識別した上での理解や活用が大切です。

※Bloomのタキソノミー は、試験問題の分類を目的とした指標です。学習者主体の授業実践の検討は「改訂版タキソノミー 」の考え方が重要です。

学習者中心のICT活用が発展してきた近年では、Digital Taxsonomy として、デジタルデバイスや情報通信技術を活用した場合の「学習者の動詞(姿)」が整理・提案され、単元を設計したり評価する(主に形成的評価)する素材の一つとして利用されています。

(参考文献) 

 

・Bloom's Digital Taxonomy  2008 Andrew Churches

 

なお、改訂版タキソノミー (その後に提案されている、Digital Taxonomy 含む)を援用し、実践的研究を重ねた国内の事例は次の通りです。

 

墨田区立桜堤中学校

 ・平成30年度・令和元年度研究紀要

 ・学習指導案

 ・タキソノミー・テーブル(9教科、22の実践)

 ・講演会資料(講師:田中康平)

 

行橋市立長峡中学校

 ・平成28年度・29年度研究紀要

 ・中学校での授業改善における学習目標の検討とICT活用(JAET2017実践研究論文) 

 

修道中学校・修道高等学校

 ・2019年研究発授業表会

 ・Digital Taxonomy を用いた単元設計のための教員研修(JAET2018実践研究論文)

 

書籍による基礎的な理解の上で、各学校の実践を見ていただくと、より深い理解と共に、実践の具体的なヒントが得られるのではないでしょうか。

 

少々難解に感じる部分もあると思いますが、何年も実践研究を継続するに値する内容です。

新学習指導要領の実現とGIGAスクール構想時代の単元設計と評価を助けるための考え方を形成する。その一助となる有用な教育学的概念だと確信しています。